フェリー輸送のパイオニア|関光汽船株式会社

物流サービス

20トントレーラーによる
海上輸送サービス

SHKライングループフェリーを中心とした海上輸送網を利用して、20トントレーラーの無人航送による
海上輸送により高い定時性、CO₂削減、貨物ダメージの軽減、輸送力確保、省力化が実現可能となります。

グループ航路網を活かした日本全国の海上航路網

グループ会社である阪九フェリー(株)、新日本海フェリー(株)、2021年7月就航の東京九州フェリー(株)、ならびにオーシャントランス(株)のネットワークと自社・グループで約2,000台に及ぶトレーラーを相互使用し、北海道から九州まで海陸一貫輸送対応が可能です。
陸送輸送と比較しても渋滞や事故のリスクが軽減され、近年頻発している自然災害による道路の通行止めや鉄道路線の遮断による輸送停止等、災害時のBCP対策にも有効な輸送モードです。

海上輸送によるモーダルシフトと物流効率化

災害に強く、交通渋滞のない海上輸送で、安定的な輸送を提供します。
モーダルシフトはSDGs、ホワイト物流の活動を通じて環境負荷軽減(CO₂削減)にも効果的な輸送モードです。
2案件の物流総合効率化法に認定され、グリーンパートナーシップ表彰も受賞しています。
異業種におけるラウンド輸送や混載輸送を実現し、CO₂の排出量削減、実車率の向上、省力化、コスト削減など参加メーカー様の物流効率化に貢献できました。

エアサス車で製品に優しい輸送

各航路にエアサス車両を完備し、積荷に優しい輸送をご提供します。
荷姿に応じて、アルミウイング、低床アルミウイング、ジョロダー車、アコーディオン車等の車両を選定しラッシングレールの装備による製品養生も教育を受けた乗務員が対応します。
加えて、グループ船社は20,000トンクラスの日本最大級の大型フェリーであり、旅客も乗船するため、定時性に優れ陸路や鉄道と比較しても振動も最小限であり、輸送中の振動による製品ダメージを防ぎます。

物流サービス

国際・国内部門の物流サービス

関光汽船の特長

設備紹介

関光汽船の各種設備をご紹介します。

関光汽船とは

海より速く、空より安く

グループであるSHKライン(新日本海フェリー、阪九フェリー、関釜フェリー、蘇州下関フェリー、東京九州フェリーなど)の
航路網を利用し”海より速く、空より安く”(コンテナ船よりも速く、航空便よりも安く)をモットーに
中国・韓国と日本各地を結ぶ国際物流サービスと、日本国内を網羅する海上ネットワークを活用した
国内物流サービスを展開しております。