• メッセージ
  • 関光汽船の人たち
  • 1ページで分かる関光汽船
  • 採用情報
  • よくある質問

新時代の物流を下関から世界へ!

国際部門 国際部輸入課 清水 俊介 通関士として物流の一翼を担い、顧客満足を高めていく

国際部門 国際部輸入課 仕事 関光汽船の人たち

  • 仕事
  • キャリア
  • 一日に密着

業務内容を教えて下さい。

通関士として、迅速且つ的確な輸入手続きを行なっています。

私が所属している国際部輸入課は、中国・韓国から入ってくる外国貨物(雑貨や機械類・食品など)に対して、迅速且つ的確に輸入の手続きを行ない、お客様のところまで配送する業務を請け負っています。

主な業務は、輸入通関手続きに際しての書類のチェック・作成、関係省庁への申請、貨物の内容によっては現物の確認など、輸入に関する様々な問題に対処します。

また、輸入する貨物には税金(関税・消費税)がかかりますが、当社が申告した内容と税関側が審査して当社の解釈と異なった場合には協議することもあります。

これまでに特に印象に残った出来事はありますか?

私のミスで危うく物流がストップするところでした。

国際部門 国際部輸入課 清水 俊介

通関業務に従事していると様々な貨物の輸入に関わるため、自分自身が手がけた貨物がテレビで紹介されているのを目にしたり、実際に街で見かけたりすることがよくあります。社会のニーズに合わせて、モノの流れが多種多様に、スピーディーに変化することを日々体感しています。

実は、失敗談もあります。

お客様にとって今すぐにでも欲しい急ぎの貨物を、私の勘違いから通関を後回しにしてしまいました。周りのサポートのおかげで納期に遅れることなく間に合わせることができましたが、現場の出荷チームだけでなく、お客様にもご迷惑をかけてしまうことになりました。私自身の甘い考えが、物流をストップしてしまうほどの大きな問題に繋がることを痛感しました。

国際部門 国際部輸入課 清水 俊介

仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?

お客様の期待を超えるサービスを提供できたときです。

お客様に期待された以上のサービス・付加価値を提供できたときは、満足していただけるだけでなく自分自身も大きな達成感を得られます。

また、通関士としてお客様へのアドバイスや通関に関する対応を行なうことで物流の一端を担っていることを感じます。

お客様から、物流におけるパートナーとして通関のご依頼を頂き、お礼の言葉をかけて頂いた時は非常に嬉しく、次の業務もミスすることなく頑張ろうと前向きな気持ちになれます。

就職活動中の学生へのメッセージをお願いします。

物流業界は、やりがいのある仕事です。

物流業界は目立つ業界ではないかもしれませんが、実は世界とつながっていたり、モノの流れを形成したり、と様々なところとつながっていて、日本の経済を支える「縁の下の力持ち」のような存在です。

昨今、日本の経済状況はあまりよくありませんが、私は自分の携わる物流業界からこの悪い状況を打破していくという気持ちで日々精進しています。厳しいこともありますが、やりがいのある仕事です。

PAGE TOP

  • 1ページで分かる関光汽船
    • 関光汽船の人たち 国際部輸入課 清水 俊介
      仕事 キャリア 一日に密着
    • 関光汽船の人たち 国際営業課国際営業課 原田 久義
      仕事 キャリア 一日に密着
    • 関光汽船の人たち 国際部輸出課 木川 弘子
      仕事 キャリア 一日に密着