フェリー輸送のパイオニア|関光汽船株式会社

関光汽船の特長

長距離フェリー輸送のパイオニア

「陸を走っているトラックごとフェリーに載せてしまえばいいじゃないか・・・」
日本国内の長距離輸送=内航海運という時代に、トラックの長距離輸送が台頭する様子に脅威を感じた弊社創業者である入谷豊州のこのひらめきが、のちに日本の物流に大きな革命をもたらすことになります。

長距離フェリーの父ともいえる創業者は、当時の常識を超えた「海のハイウェイ構想」を、数々の試練を乗り越えながら実現にこぎつけ、フェリーによる長距離輸送は日本の物流を担う輸送手段として各地に普及していきました。

SHKライングループの中核企業として

SHKラインは、関西(神戸・泉大津)と北九州を結ぶ「阪九フェリー」、下関と韓国の釜山を結ぶ「関釜フェリー」、北海道(小樽・苫小牧)と舞鶴・敦賀・新潟・秋田を結ぶ「新日本海フェリー」、関東(横須賀)と北九州を結ぶ「東京九州フェリー」など、長距離フェリーで国内外の主要港を結ぶ航路網です。

弊社を中核とするSHKライングループ各社は、総合物流からクルージングリゾートまで、多様なニーズにお応えする「シーラインネットワーク」を形成する企業集団です。それぞれの領域で独自の事業活動を展開しながら、さらに関連企業のサポートを受け、トータルな付加価値の創出を目指しています。

海陸一貫した輸送体制でお客様に安心を

海を走るフェリーと、陸上を走るトラック、そして荷物を保管する倉庫、これらをすべて弊社グループで運営しているため、国内・国際双方の貨物輸送をトータルで一貫して管理できる点が弊社の強みです(国内・国際複合一貫輸送)。

お客様の元に伺い荷物をお預かりしてから、フェリーでの海上輸送を経て、指定された場所にお届けするまで、弊社が全責任をもって管理し、問題発生時や荷物の問い合わせがあった際も迅速な対応が可能となります。

海陸一貫した輸送体制を持つ総合物流企業だからこその安心感をお客様に提供しています。

ニーズに即した輸送サービスや最新技術の導入

弊社では、お客様や社会環境のニーズに即して、新たな輸送サービスの展開や、様々な最新技術の導入に力を注いでおります。

CO₂排出量削減や労働環境改善をもたらす異業種会社共同での国内輸送サービスや、中国・広州から日本向けの大幅なリードタイム短縮が可能となる国際輸送サービスなど、ニーズに即した新たな輸送サービスを展開しています。

また、スムーズな荷役を実現するウィングトレーラーやアコーディオントレーラー等の新たな技術が搭載されたトレーラーや最新設備を積極的に導入しています。

お問い合わせ

お見積りのご相談、輸送に関するご質問など、何でもお気軽にお問い合わせください。

関光汽船とは

海より速く、空より安く

グループであるSHKライン(新日本海フェリー、阪九フェリー、関釜フェリー、蘇州下関フェリー、東京九州フェリーなど)の
航路網を利用し”海より速く、空より安く”(コンテナ船よりも速く、航空便よりも安く)をモットーに
中国・韓国と日本各地を結ぶ国際物流サービスと、日本国内を網羅する海上ネットワークを活用した
国内物流サービスを展開しております。